大田区で家族だけが参列する葬式を行いました

家族葬を親族も理解してくれた

以前は葬式を行うとなると、下準備が大変でしたし、親戚の中で意見が合わない人もいて揉めることが多かったからです。
これも母親の真っ直ぐでさっぱりした性格のおかげで、家族葬にすると早くから決めることができたおかげだと思います。
家族葬の葬儀は、一般的な葬儀と同じ流れで始まり終わりました。
火葬いている間にまな板返しの食事をして、生前の母について話をしました。
親戚からは両親の馴れ初めなど今まで知らなかったことを教えてもらえたので、寂しさはありましたが嬉しさがありました。
ずっと両親と同居していたので、二人ことは全て知っているような気持ちでいましたが、まだまだ知らないこともあったのだと今になって理解しました。
これも葬式を行ったから得られる機会だったのではないかと考えています。
葬儀が終わって落ち着いてから、近所の人に葬式を済ませたことを話しましたが、家族葬で行ったことを受け止めてもらうことができました。
これからの時代は、家族葬が主流になるのかもしれないと考えた時間になりました。

故人の意向で大田区で家族葬を行った最近は家族葬も増えている家族葬を親族も理解してくれた